初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヴァンサン 驚異的なタイムを樹立

ヴァンサン 驚異的なタイムを樹立

ヴァンサン 驚異的なタイムを樹立

フランス人ライダーアルヌー・ヴァンサンが、予選2日目にビックパフォーマンスを見せた。午前中のフリー走行と午後の公式予選で、その実力を発揮。驚異的な2分13秒563をマークし、昨日ダニ・ペドロッサが樹立したサーキットベストタイムを0.7秒以上短縮した。タイトル争いを演じているライバルたちに、約0.5秒差と大きく引き離した。

マヌエル・ポジアーリは、トップタイムをマークした直後のラスト8分に転倒。再度コースに戻ったが、記録を更新することができなかった。一方でペドロッサも、ポジアーリを上回るラップを刻んでいる途中に、ハイサイドから路面に叩きつけられ、コースを後にした。そして、ラスト1分にヴァンサンが最速ラップで、ポールポジションを獲得した。

4位にはステーブ・イェンクーが入り、フロントローを獲得すれば、エクトル・バルベラが5位に、最終ラップでタイムを伸ばした宇井陽一が6位に進出した。9位に東雅雄が、26位には上田昇が入り、明日の決勝レースを迎える。

Tags:
125cc, 2002, Gauloises Malaysian Motorcycle Grand Prix

Other updates you may be interested in ›