初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

初の1・2位を果たしたチーム・アスパル

初の1・2位を果たしたチーム・アスパル

初の1・2位を果たしたチーム・アスパル

ホルヘ・マリチネス・アスパル率いるテレフォニカ・モビスター・レプソル・チームが、初めて1・2フィニッシュを決めた。優勝したフォンシ・ニエトは、ライバルのマルコ・メランドリが電気系トラブル発生でリタイヤしたことも追い風となり、タイトルへの可能性を残せば、2位に入ったトニー・エリアスはチームメイトをサポートする走りを見せた。

両ライダーとも、250ccクラスのエリートライダーとしての地位を築いている。フォンシは、3度の優勝を含め、7度表彰台を獲得すれば、エリアスはパシフィックGP優勝を始め、4度表彰台に登った。ドイツGPではフォンシ2位、エリアス3位と初めて2人が表彰台に並んだ。

チームディレクターのアスパルは、「私にとって、この1・2位獲得は名誉なことです。私たちがとてもいい仕事をしていることを証明しています。これはチームの、全員の、そしてメンバー一人一人の旋風であり、とてもいいタイミングでこの勝利を迎えました。なぜなら、フォンシは再びタイトル争いができるポジションに返り咲きました。チームにポイントを獲得できる2人のライダーが所属することは、全ての人が望むことです。」と喜びを語った。

Tags:
250cc, 2002, Gauloises Malaysian Motorcycle Grand Prix

Other updates you may be interested in ›