初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

実力に運が戻ったヴァンサン

実力に運が戻ったヴァンサン

実力に運が戻ったヴァンサン

シーズンを通じて安定した走りを見せているアルヌー・ヴァンサンは、まるで地獄から天国に戻ってきたような一週間だった。パシフィックGPでは、ラスト2ラップまで2位をキープしていたが、突然のトラブル発生で一気にポジションを落とした。そのグランプリでは、タイトルを争うペドロッサが優勝し、ポジアーリが2位を獲得したために、ポイント差を大きく縮められた。

しかし、昨日開催されたマレーシアGPでは、チャッカーフラッグがレース終了前に振られるアクシデントが起こったが、ヴァンサンは全く影響を受けることなく、今季4度目の優勝でランキング首位の座を強固とした。一方で、タイトル争いをしているライバルたちは、この事件に結果が左右された。ペドロッサは最終ラップでチェッキネロを抜き2位に浮上し、ポジアーリは最終コーナーで転倒した。しかし、成績は最終ラップ前の順位を採用することとなったために、ペドロッサは3位に後退し、ポジアーリは4位とタイトル獲得への可能性を繋いだ。

偶然にもヴァンサンはポジアーリ同様に9度表彰台を獲得している。しかし、フランス人は全戦でポイントを連取しているのに対し、サンマリノ人はスペインGPとポルトガルGPの2戦でリタイヤし、貴重なポイントを落としている。今、残り2戦50ポイントの戦いが待っているが、現在2人のポイント差は20に広がった。

Tags:
125cc, 2002, Gauloises Malaysian Motorcycle Grand Prix

Other updates you may be interested in ›