初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ダニ・ペドロッサ タイトルを考えずに

ダニ・ペドロッサ タイトルを考えずに

ダニ・ペドロッサ タイトルを考えずに

ランキング3位のダニ・ペドロッサは、トップのアルヌー・ヴァンサンとは33ポイント差の位置につけている。今週末のオーストラリアGPを含め、残り2戦となったチャンピオンシップで、自力でのタイトル獲得の可能性がないが、納得の行く走りができるように、気持ちを切り替えている。「残り2戦。タイトルのことは考えない。もう遠くて、困難で、彼ら(ヴァンサンとポジアーリ)のことを考えたくない。僕の目標は、残り2戦で僕自身とチームが満足できるような最高のレースをしたい。」

ペドロッサは、マレーシアGP予選2日目に転倒し、尾骨や脚などを強打したが、日増しに痛みが和らぎ、回復して来ている。そして、今シーズンのライバルの躍進に大きな驚きを覚えている。「ヴァンサンが有力候補だ。重要なアドバンテェージを持っているからね。彼の今シーズンには驚かされるよ。これまでの経歴からみて、このレベルの走りをするとは思ってもいなかったから。このクラスがとても激戦で、開かれたものであることを証明する1つだ。」

スペイン人ライダーは、ホンダが進歩したことも付け加えた。「マシンは、全体的に良くなった。特にどの部分と言うのではなく、全てが進歩したと言える。後半戦での僕たちのレベルは、ライバルと同等で、サーキットによっては、彼らを超えている。しかし、このことは、全てのマシンにも起こることだ。」

Tags:
125cc, 2002, SKYY VODKA Australian Grand Prix, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›