初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポジアーリ優勝し、タイトルの行方は最終戦へ

ポジアーリ優勝し、タイトルの行方は最終戦へ

ポジアーリ優勝し、タイトルの行方は最終戦へ

マヌエル・ポジアーリが重要な勝利を奪った。タイトル争いを演じるアルヌー・ヴァンサンには、今グランプリで年間チャンピオンの可能性があったが、スタート直後からグループによるコンスタントに目まぐるしくポジションチェンジが行われたレースで4位に終わった。

デ・アンジェリスを先頭とする7人のグループでレースが展開された。16ラップ目にそのデ・アンジェリスがマシントラブルでリタイヤを余儀なくされると、ルーチョ・チェッキネロ、ポジアーリ、ヴァンサン、ダニ・ペドロッサ、シモーネ・サンナ、パブロ・ニエトの間で、最後まで優勝争いが演じられた。

ポジアーリがラスト2ラップからアタックかけ、ファイナルラップにチェッキネロをパスした。ヴァンサンも1つでも前のポジションでゴールしようと仕掛けたが、4位終わり、ペドロッサは最後には優勝争いできずに5位でゴールした。ニエトは今季2度目の3位を獲得した。17番手スタートだった東雅雄は、徐々にポジションを奪回し、ファイナルラップには2人を抜き、8位に入れば、宇井陽一と上田昇は13位と21位だった。

今、ヴァンサンとポジアーリのポイント差は8と縮まり、2週間後の最終戦バレンシアGPにタイトルの行方は持ち込まれた。

Tags:
125cc, 2002, SKYY VODKA Australian Grand Prix

Other updates you may be interested in ›