初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ランディ・マモラ オーストラリアGPを語る

ランディ・マモラ オーストラリアGPを語る

ランディ・マモラ オーストラリアGPを語る

フィリップアイランドでのシリーズ第15戦は、4ストローク勢が支配し、素晴らしいレースを提供してくれた。2ストローク勢がフロントローを独占したが、スタート直前から4ストローク勢がアドバンテェージを開き、再び彼らのバトルが勃発した。バレンティーノ・ロッシとアレックス・バロスはグッドなレースで、ライバルたちを引き離した。そしてバロスは、ラップを刻むごとにハイレベルの走りを披露した。終盤残り数ラップに入った時、ロッシがバロスを抜き、トップに立った。直後にブラジリアンはミスを犯してしまった。立て直しレースに戻ったが、2位で終わった。

3位争いも同様にスペクタクロだった。宇川は加藤とグールベルグを抑え、再び表彰台を獲得した。ユルゲンは、2ストローク勢で1番だった。ジェレミー・マックウィリアムスはポールポジションだったが、レースは困難だった。コースアウト後にコースに戻ったが、10位まで奪回できた。青木はグレートなレースをした。ビアッジに続き、7位だった。

Tags:
MotoGP, 2002, SKYY VODKA Australian Grand Prix

Other updates you may be interested in ›