初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポジティブでシーズンを終えたいサバターニ

ポジティブでシーズンを終えたいサバターニ

ポジティブでシーズンを終えたいサバターニ

マックス・サバターニが苦難な4年目のシーズンに幕を閉じようとしている。最終戦バレンシアGPを前に、サイクリングトレーニングを終えたばかりのイタリアンは、motograndprix.comに心境を語ってくれた。

「確かに忘れがたい1年だ。最終戦は精一杯頑張りたい。」と母国イタリアGPで重症を負い、第12戦リオGPでは所属していたチームからの参戦をキャンセルされるなど、不本意なシーズンを過ごしてサバターニは、奥歯を噛み締めるように語った。

26歳のイタリア人ライダーは、第13戦パシフィックGPから同胞シモーネ・サンナのセカンドマシンを借り、残りのシーズンに参戦している。「所属ライダーを抱え、作業がいっぱいの中、チームは僕をサポートしてくれている。今の僕の状況は容易ではない。チームメイトと同じような配慮とサポートを受けることはできないから。」と不安定な状態を説明した。

そして今、お気に入りのバレンシアで、不運なシーズンを締め括ろうとしている。「僕の好きなコースで、ファンは情熱に満ちている。素晴らしいレースになるだろうし、太陽の下で思いっきり走りたい。シーズン前のIRTAテストでは、上手く走れたし、唯一望むのは、ラストレースを楽しむために不運続きを絶ちたいんだ。」

Tags:
125cc, 2002

Other updates you may be interested in ›