初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ワールドチャンピオンまでの道程

ワールドチャンピオンまでの道程

ワールドチャンピオンまでの道程

アルヌー・ヴァンサンが、フランス人としては初めて125ccクラスのワールドチャンピオンに輝いた。そして、ここまで開催された15戦全てにおいて、ポイントを連取してきた。

昨季はランキング10位に終わったヴァンサンは、チームを移籍し、アプリリアのマシンを得た。そして、5度の優勝を始め、2位3度、3位1度と合計9度表彰台を獲得するなど、高い安定感と強さを示してきた。

カタルーニャGPでは11位、イタリアGPでは9位と低迷したが、パシフィックGPでは2番手を走行中のラスト2ラップに突然のマシントラブルに襲われ、15位に終わった。しかし、続くマレーシアGPでは今季5度目の優勝で、再びタイトル最有力候補に返り咲いた。前戦オーストラリアGPでは4位に入り、最大のライバルであるマヌエル・ポジアーリに8ポイント差をつけ、最終戦バレンシアGPに乗り込んだ。

Tags:
125cc, 2002, Gran Premio Marlboro de la Comunitat Valenciana

Other updates you may be interested in ›