初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

満足のシーズンだったランディ・ド・プニエ

満足のシーズンだったランディ・ド・プニエ

満足のシーズンだったランディ・ド・プニエ

期待のシーズンとしてスタートしたランディ・ド・プニエは、250ccクラスでの地位を確立した。シーズンを通して、コンスタントに安定した走りができなかったが、総合ランキングでは9位に入った。

「最終結果には、期待外れだった。トップ5入りを考えていたからね。」と説明するフランス人ライダー。「たくさんのポイントを失った3戦の故障リタイヤがなかったら、目標を達成できていたと思う。このランキング9位は、僕の期待に応えたものではなかったが、何も反対することはないね。」

パリ出身のプニエは、自分のポテンシャルを発揮するチャンスがり、満足のシーズンだった。「序盤で初の表彰台を含め2度、3位を獲得したことを考えれば、満足の行くシーズンだった。低迷した時期の後、リオーGPで初のポールポジションを獲得するなど、立て直すこともできた。」

250ccクラスの1ライダーとして、地位を確立したランディ・ド・プニエは、古傷の治療とカンペテッラ・レーシングとの再契約を進めている。「先日、2年前の骨折で埋め込んだネジを取り除いた。これから3、4週間はリハビリに励み、それからトレーニングを再開する。チームに関しては、数日後に再契約する予定だ。」

Tags:
250cc, 2002

Other updates you may be interested in ›