初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

悲願の旋風にあと一歩届かなかったロベルト・ロルフォ

悲願の旋風にあと一歩届かなかったロベルト・ロルフォ

悲願の旋風にあと一歩届かなかったロベルト・ロルフォ

ロベルト・ロルフォは、今シーズン最も苦杯を喫したライダーであった。今シーズンGP初優勝を狙ったイタリア人ライダーだったが、シーズントータルにして43ラップ間でトップを走ったが、2位を5回獲得するにとどまった。ロルフォが最も優勝に近づいたのは第9戦ドイツGP。マルコ・メランドリとのバトルを繰り広げ、23ラップ目には最大のライバルが途中から降り出した雨の影響で転倒リタリヤした。しかし、数秒後に雨足が強くなり、赤旗中断。22ラップまでの記録が適応され、不運にも優勝を逃した。

ロルフォ同様に、優勝に接近したライダーは松戸直樹。開幕日本GPのオープニングラップを始め、ポルトガルGPでは降りしきる雨の中で圧倒的な速さを披露した。シーズン合計で22ラップ間トップを走った記録が残っている。また、ロベルト・ロカテッリは7ラップ、青木治親は3ラップ間トップに立った。

一方で、今シーズン1勝を上げたトニー・エリアスは、僅かトップに立ったのは3ラップにとどまっている。パシフィックGPでは、ラストラップにミランドリをパスしての優勝だった。リオGPで初優勝を飾ったセバスチャン・ポルトに関しては、トップ快走は34ラップであった。

そして、シーズン16戦、174ラップで行われたチャンピオンシップで、最もトップを走ったのは61ラップのフォンシ・ニエトだった。

Tags:
250cc, 2002

Other updates you may be interested in ›