初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チャンピオンの後任に任命されたタルマクシ

チャンピオンの後任に任命されたタルマクシ

チャンピオンの後任に任命されたタルマクシ

ハンガリー人ライダーのカボール・タルマクシが、2002年ワールドチャンピオンのアルヌー・ヴァンサンの後継者として、今シーズンはイモラサーキット・エグザルト・サイクル・レースとして参戦していたワールドワイド・レース・チームから参戦することが決まった。タクマルシは、ロベルト・ロカテッリとヴァンサンがタイトルを獲得したアプリリアRSを駆けることになったほか、2003年には250ccクラスへの参戦がオプションとして含まれる2年契約を結んだ。

「ガボールは野心家であり、自意識が強いライダーです。だから、彼を選びました。」とチームマネジャーのフィオレンツォ・カポネラは語った。「私はチームに所属した全ライダーの特徴を把握しています。このことは、過去に下した決定に役立ちました。ガボールはとても高いスキルを持ったライダーだと思います。彼は技術的な開発を解決し、調和させれば、ライバルたちにとって実に危険な存在となるでしょう。」

タルマクシは、当然この契約のニュースに興奮を覚えた。「これは、僕の人生のチャンスであり、チームが僕を起用することへの信頼に応えたいと思っている。数時間、彼らと一緒に過ごし、まるで夢のようだった。プロフェッショナルの集団で、これからは彼らとグレートな時間を過ごせると確信している。」

Tags:
125cc, 2002, Gabor Talmacsi

Other updates you may be interested in ›