初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

シルビン・ギュントーリ、カンペテッラから250ccクラスに復帰

シルビン・ギュントーリ、カンペテッラから250ccクラスに復帰

シルビン・ギュントーリ、カンペテッラから250ccクラスに復帰

ゴロワーズ・ヤマハ・テック3のテスト開発ライダーを担当していたシルビン・ギュントーリが、03年シーズンにグランプリに復帰することが決まった。フランス人ライダーは、アプリリアのRSキットを得て、カンペテッラ・レーシングから250ccクラスに参戦する。

「カンペテッラに加わることになり、とても満足だ。ある時期から、彼らとコントクトを取っていたんだ。僕にとって、最大のチャンスだ。戦闘力のあるチームの1シートとアプリリアのマシンが欲しかったんだ。」と喜びを語るギュントーリは、サフィロ・オキドゥ・レースに移籍した同胞ランディ・ド・プニエの穴を埋める。

「シーズンを通して、このチームに注目していたし、ランディはとても良いチームだと話してくれた。そして、イタリアでチームの責任者と交渉し、好印象を確信した。250ccに再び適応しなければならないけど、時間の問題だろう。全ては技術的な問題であり、僕はシーズンに備え、フィジカルトレーニングに徹する。1月末に予定されている最初のテストに向けて、ハードな自転車トレーニングを課すつもりさ。」と意気込みを語った。

フランス・ナショナル・オープン250に優勝し、00年ヨーロッパ選手権で3位を獲得したギュントーリは、翌年にエキプ・フランスから世界舞台にデビューを果たす。オランダGPで自己最高の4位でチェッカーを受け、総合ランキング14位に入った。今シーズンは、ゴロワーズ・ヤマハ・テック3のテスト開発ライダーを務め、チェコGPではヤマハYZR500を得て、スポット参戦した。

Tags:
250cc, 2002, Sylvain Guintoli, Campetella Racing

Other updates you may be interested in ›