初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

玉田誠、プラマック・ホンダとセパンに登場

玉田誠、プラマック・ホンダとセパンに登場

玉田誠、プラマック・ホンダとセパンに登場

全日本ロードレース選手権で活躍していた玉田誠が、プラマック・ホンダより、昨シーズン圧倒的な強さを見せたホンダの4ストロークマシンRC211Vとブリジストンタイヤの組み合わせで、世界最高峰の舞台に挑む。そして今、1月20日から3日間、マレーシア・セパンで行われるテストに参加する予定だ。

プラマック・グループは、ホンダ・ヨーロッパ社長を9年間務めた飯田氏をプラマック・レーシングの代表として迎え入れた。また、モトGPクラスへのエントリーについては、ルイス・ダンティーンと交渉が成立し、所有する2人の出場権のうちの1人分を確保した。

26歳の玉田は、00年にホンダレーシングコーポレーション入りを果たし、全日本ロードレース選手権スーパーバイクで活躍。02年はエントリー中最多の4勝を上げ、ランキング4位に入った。鈴鹿8時間耐久レースでは、HRC全日本監督の岡田忠之とペアーを組んで2位を獲得すれば、スポット参戦した世界スーパーバイク選手権日本ラウンドでは第2レースで優勝。コーリン・エドワーズとトロイ・ベイリスの2人が支配したシーズンで唯一、存在を示した。また、98年日本GPには250ccクラスにスポット参戦し、16位に終わっていた。

Tags:
MotoGP, 2002, Makoto Tamada

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

15 years ago