初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

開幕戦日本GP開催発表会

開幕戦日本GP開催発表会

開幕戦日本GP開催発表会

03年MotoGP世界選手権の第1戦日本GP開催まで2ヶ月を切り、毎年恒例の開催発表会が都内ホテルで行われた。会場には、宇川徹、加藤大治郎、ギャリー・マッコイ、芳賀紀行、玉田誠、そして柳川明が顔を揃えたほか、グランプリ開催代表者やチーム関係者が出席した。

発表会では、先月から始った130Rとシケインのコース改修工事について、大型スクリーンを通して説明が行われた。改修工事は今月末に終了する予定。また、今週土曜から始るチケット販売、さらに3月30日と31日にMotoGPクラスのテストを開催することも発表された。

「ここまでのテストは上々です。来週から今年用のマシンをテストします。今年は何勝という課題ではなく、ひとつでも多く勝ちたい。」と冬季プレシーズンでテストプログラムを消化し、新シーズンに向けて宇川は語った。

一方で、「昨年は1勝もできずに悔しい思いをした。自分自身、納得の行くレースもありませんでした。今年はテストも順調に消化できているし、まず1勝を目標に戦います。もちろん、地元の鈴鹿で達成できれば嬉しいです。」と加藤はリベンジを誓った。

そして、オーストラリアから駆けつけたマッコイは、「テストでは、いい時もあれば、悪い時もある。でも、確実にマシンはいい方向に仕上がっている。アグレッシブな走りが好きだけど、初めてカワサキに乗った時は、なかなかうまく行かなかった。でも、これからもっとマシンセッティングを詰めて行き、最終的にはいい結果につなげたい。」と抱負を述べた。

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›