初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ、ヘレスとエストリル・テストを振り返る

ペドロサ、ヘレスとエストリル・テストを振り返る

ペドロサ、ヘレスとエストリル・テストを振り返る

今回のIRTAテストでは、予定していたテストプログラムが消化できなかった。特にヘレスは天気が悪かったから。他のチーム同様に影響があったけど、個人的にはとても良いテストとなった。レイン・コンディションで走ることができたからね。この条件での走り込みが不足していたから、非常に有意義な経験となった。

エストリルでは、未消化に終わったヘレスのテストプログラムを挽回することができた。初日は特にリア・サスの作業に専念。昨シーズン、ここの問題が多かったから。2日目は、コースがウェット状態だったから前日よりも周回を重ねられなかったけど、繰り返すように、この条件を最大限に利用した。ペースと自信を掴むために走り込みを実行した。ラップタイムに関しては、まだ信頼できるものではない。まだ03年型マシンが使用できないから、アプリリアやデルビと比較をするつもりはない。テストでは、常に最速ラップを計るけど、特別な意味はない。好調で、意欲的なライダーが多いことが目に付いた。例えば、元々とても強い宇井陽一はチームを移籍し、モチベーションが高いようだ。

僕も着合いが入っている。3月にはテストを行うけど、メインスポンサーであるテレフォニカのCM撮影があるから、まだ日程は決まっていない。その後には、もう日本行きを考えないとね。

Tags:
125cc, 2003, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›