初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バレンシアでテスト継続中

バレンシアでテスト継続中

バレンシアでテスト継続中

キャメル・プラマック・ポンス、テレフォニカ・モビスター・ホンダ、プラマック・ホンダ、そしてスズキ・グランプリチームが7日、スペイン・バレンシアでテストを実施した。好コンディションに恵まれた中、各チームとも4月6日の第1戦日本GPに向け、順調にテストを消化した。

キャメル・プラマック・ポンスのマックス・ビアッジと宇川徹の二人は走り込み、シーズン最終戦バレンシアGPに向けてのセッティングを探った。ビアッジが1分33秒9、宇川が1分34秒0だった。同様にスズキ・グランプリチームのケニー・ロバーツとジョン・ホプキンスは、引き続き新型4ストロークマシンの走り込みに専念した。

テレフォニカ・モビスター・ホンダの加藤大治郎とセテ・ジベルナウは、好調さをアピール。加藤が1分33秒7、セテが1分33秒5をそれぞれマークした。

バレンシア初走行となったプラマック・ホンダの玉田誠は、テスト終了5分前にMotoGP初転倒を喫したが、幸い大事には至らなかった。

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›