初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

宇川徹、2位でテスト終了

宇川徹、2位でテスト終了

宇川徹、2位でテスト終了

MotoGPテスト2日目最終日が16日、晴れ渡ったカタルーニャ・サーキットで実施された。セッション終了間際に、宇川徹が2番手のタイムをマークし、全日程が終了した。

セッション途中には、今シーズン設定されたBMW予選ベスト賞を特別に実施。ドゥカティのロリス・カピロッシがラスト2ラップでサーキットベストラップ1分43秒634を叩き出し、アレックス・ビアッジとバレンティーノ・ロッシを抑えて賞品のBMWを獲得した。ドゥカティ、ヤマハ、そしてホンダ勢の熱く激しいバトルが展開された後、テストを継続した宇川が、新型RC211Vでカピロッシが樹立したばかりのラップタイムに接近する1分43秒832を記録した。また、セテ・ジベルナウもタイムを伸ばし、バロスに次ぐ4番手に浮上した。

本番の予選同様にタイムアタックが展開されたタイム競技会で、プラマック・ホンダのテストライダーとして参加していた伊藤真一が、クラッシュ。赤旗で10分間の中断があったが、診断の結果、右足打撲だった。

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›