初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

青山博一、ポール獲得/エリアス、予選通過ならず

青山博一、ポール獲得/エリアス、予選通過ならず

青山博一、ポール獲得/エリアス、予選通過ならず

前の125ccクラスとMotoGPクラス同様に雨の影響を受けた予選最後の250ccクラス。雨足が強くなり、路面は完全なウェット状態。予選1日目の成績でグリッドが決定した。 暫定ポールポジションだった青山博一が、5度目の世界挑戦で自己最高の予選順位ポールを獲得。同じくワイルドカードの中須賀克行も2番手スタートを決めた。3番手はアレックス・デボン、4番手にはロベルト・ロルフォがフロントローにつけ、日本人唯一のフル参戦松戸直樹が5番手に入った。さらに、ワイルドカード最年少の高橋裕紀がセカンドロー7番手、全日本王者の嘉陽哲久が12番手、小山知良が22番手からスタートする。

初日に予選通過タイムを越すことができなかったタイトル有力候補のトニ・エリアスは、積極果敢にタイムアタックしたが、完全ウェットコンディションのコースでタイム更新は困難を極め、最後にはクラシュを喫した。また、ジョアン・オリベ、チャズ・ベイビス、エリック・バタイレ、ヘンク・ファン・デ・ラグマット、そしてカティヤ・ポエンスゲンも予選通過タイムをクリアーできなかった。

唯一、01年125cc王者マヌエル・ポジャーリが予選通過タイムを更新。明日、23番手グリッドから250ccクラスデビューを飾る。

Tags:
250cc, 2003, SKYY VODKA Grand Prix of Japan

Other updates you may be interested in ›