初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レッドブル・ルーキーズカップ開催

レッドブル・ルーキーズカップ開催

レッドブル・ルーキーズカップ開催

『レッドブル・ルーキーズカップ・トゥ・モトGP』に参加するライダーたちの選出が終了し、昨シーズン同様に今シーズンもホンダから44台のRS125ccが提供されることが決定した。そして、5度の世界王者に輝いたトニ・マングのチーフメカニックを担当していたセップ・サイガルが、参加者が使用する全マシンを指揮することとなった。

2002年にADACとホンダは、ドイツのジュニア層における新人発掘と育成のため、今大会を立ち上げた。大会の目標は近い将来、チャンピオンシップに再びドイツ人ライダーを輩出することである。ADACのスポーツディレクターであるヘルマン・トムチェクは、「ホンダと一緒に、青少年たちにチャンスを与えることを決定いたしました。そして、世界舞台へ少しでも早く到達できるようにライダーたちを育成していきます。この特別なプロジェクトに対して、チャンピオンシップのプロモーターであるドルナのサポートを受けられることを名誉に思います。」と説明する。

レッドブル・ルーキーズカップは、93年125cc王者ダーク・ラウディスが選出した24名によって、来月5月からドイツ各地で開催される。優秀な2名には来シーズン、ADACホンダチームからIDMドイツ国際選手権に参加する機会が与えられる。

Tags:
125cc, 2003

Other updates you may be interested in ›