初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ダニ・ペドロサ、ウェルコムのレースを振り返る

ダニ・ペドロサ、ウェルコムのレースを振り返る

ダニ・ペドロサ、ウェルコムのレースを振り返る

策略的にファイナルラップを制覇したダニ・ペドロサ。セカンドローからスタートしたヤングライダーは、終始トップグループに位置していたが、宇井陽一を捕らえるまでには至らなかった。そして、ファイナルラップで3人を抜き去り、今シーズン初優勝を飾った。熾烈なバトルを制した今、スティーブ・イェンクナーとアンドレア・トビツィオーゾを抑え、ランキング1位として、地元ヘレスに挑む。

「勝利の可能性があることは分かっていた。朝のウォームアップは凄く良かったからね。スタートは悪かった。 クラッチミスで、バイクが動かなくなってしまった。だけど、ポジションを巻き返すことができたが、2速から4速へのアクセレーションに問題を抱えていたから、トビツィオーゾと宇井の後ろを走ることにした。だから、ポジションをキープすることができたんだ。ラスト5ラップに4番手を走っていたけど、それ以上前に行くことができなかった。だから、ファイナルラップに全開でアタックすることに決めたんだ。宇井を抜いたときには、前に突っ込み過ぎて転倒しそうになったけど、最後には勝つことができた。これが唯一、勝利への対策だった。ファイナルラップのストレートでは上手くコースを閉じることができ、ライバルたちは僕を交わせなかった。もし、左側を走っていたら、間違いなく抜かれていただろうね。率直に言って、結果が表彰台ならば、リスクを犯す価値がある。僕の最高のレースがどうかは分からないけど、最も難しいレースの1つを制したと言えよう。なぜなら、バイクは望んでいたような加速がなかったから、ブレーキングでチャンスを掴むしかなかった。」

Tags:
125cc, 2003, Arnette Africa's Grand Prix, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›