初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

感情的な週末だったグレシーニ・チーム

感情的な週末だったグレシーニ・チーム

感情的な週末だったグレシーニ・チーム

ファウスト・グレシーニ率いるテレフォニカ・モビスター・ホンダにとって、非常に感情的な週末だった。チームスタッフは大悲惨な事故のために帰らぬ人となった加藤大治郎を惜しみ、悲痛な表情を浮かべ、南アフリカにやって来た。MotoGP決勝レース直前には、全てのMotoGPコミュニティーが加藤の死去を偲び、1分間の黙祷を行った。全ライダー、チーム関係者がそれぞれのピット前に並び、パキサ・フリーウェイ・サーキットに駆けつけた約5万人の観客と一緒に別れを告げた。

加藤のチームメイト、セテ・ジベルナウがポール・トゥ・フィニッシュを決めると、チームスタッフは歓喜の輪に包まれた。これ以上にない加藤への追悼レースを飾った。チームを代表しグレシーニは、多くのファンや関係者からのサポートに対して感謝の意を述べた。「この非常に困難な時を乗り越えようと、多くの方からとても特別な形で私たちを支えてくれました。大治郎はいつまでも思い出の中に残ります。私たちの最も愛情深い感謝の意を送ります。」

Tags:
MotoGP, 2003, Arnette Africa's Grand Prix

Other updates you may be interested in ›