初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

KTM 参戦2戦目で初ポイントゲット

KTM 参戦2戦目で初ポイントゲット

KTM 参戦2戦目で初ポイントゲット

現125cc王者アルヌー・ヴァンサンがシリーズ27日開催された第2戦南アフリカGPの決勝レースで、12位を獲得。KTMレッドブルに初ポイントをもたらせた。

今シーズンからチャンピオンシップに新規参戦しているオーストリアのKTMは、異なった困難な条件(高温と湿気)の下、現状におけるニューマシン性能を実戦の場で確認した。初ポイント獲得により、次戦への自信を高めれば、所属する2人のライダーにはそれぞれスペアーマシンが準備される見込み。MotoGPプロジェクトが着々と進行し、2週間後からはエンジンのパワーとスピード向上のために、ベンチテストがスタートする。

「ファーストラップにシモーネ・コルシがブレーキするのが見えた。彼のマシンの方が少しだけ速かったから。そして、トップグリープから離されてしまった。単独走行は難しいね。マシンは好感触を与えてくれたが、今後はコーナーを抜け出す時のコントロール性とトップスピードが必要だ。ポイント獲得は、KTMレッドブルに関係する全ての人たちの懸命な仕事に対する報酬だ。」とフランス人ライダーは説明する。

チームメイトのロベルト・ロカテリは2戦連続完走を果たしたが、日本GPに引き続き、ポイント獲得圏外の28位に終わった。「マシンのセッティングに満足いかない。コーナーを抜けた時のスピードとストレートでのトップスピードが足りな過ぎる。」とレースを振り返る。

チーフエンジニアのハラルト・バートルは「2台のマシンが完走でき、私たちの目的を満たしてくれました。一方で、僅か2レースでポイント獲得圏内に入り、次戦に向けて大きなモチベーションとなります。」と話す。

Tags:
125cc, 2003, Arnette Africa's Grand Prix

Other updates you may be interested in ›