初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

2連勝のエリアス、ポジャーリに急接近

2連勝のエリアス、ポジャーリに急接近

2連勝のエリアス、ポジャーリに急接近

2連勝を飾ったトニ・エリアスは、チャンピオンシップにおいて重要なステップを踏んだ。負傷に耐えながらのファイナルラップ大逆転でドラマチックな勝利を上げ、イレギュラーなシーズンスタートを挽回。ル・マンではライバルたちを寄せ付けない圧倒的な独走で優勝を果たすと、セバスチャン・ポルトとスペクタクロなクラッシュを演じた総合ランキング1位のマヌエル・ポジャーリに、5ポイント差の2位に接近してきた。

エリアスにとって、ル・マンは2001年フランスGP125ccクラスで初表彰台3位を獲得した思い出のサーキットである。また、スパニッシュライダーの2連覇は昨年、ヘレスとル・マンで連勝した同僚フォンシ・ニエトと同じ経歴を進んでいる。

「ここで2年前、初めての表彰台を獲得したんだ。そして今日、僕は今シーズン2度目の勝利を上げた。」とレース後に説明する。「今週末はたくさんの問題があったが、チームにとって、そして僕にとって、最高の成績を獲得することができた。とても嬉しい。今日のマシンは大きく進歩していた。加速をもう少し高めるためにまだまだ僕たちは仕事を続けていかないと。この勝利で総合ランキング2位に進出し、トップとは5ポイント差に縮まった。」

Tags:
250cc, 2003, Toni Elias

Other updates you may be interested in ›