初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ビアッジ:「ファンのために走ることを誇りに思う」

ビアッジ:「ファンのために走ることを誇りに思う」

ビアッジ:「ファンのために走ることを誇りに思う」

滞在するモナコから最も近いグランプリ開催地、イタリア・フィレンツェ北部のムジェロ・サーキット。マックス・ビアッジはエキサイティングとプレッシャーに包まれ、ウィークエンドに突入する。

「ムジェロ・サーキットはイタリア人にとって特別なんだ。MotoGP唯一の開催地だからね。」とローマ帝王は話す。「素晴らしいサーキットだけど、アクセスに関して完璧ではない。それを除けば、サーキットスタイルは特上だ。サーキットは緑に包また丘の斜面に設けられ、コースは起伏に富み、ロングストレートに長短のコーナーが複合されている。唯一の場所で、ここで走ることが好きなんだ。」

イタリアのロードレース熱は高く、ビアッジは過大の注目から逃れるためにモナコへ活動の拠点を移した。「出て行った訳ではないんだ。落ち着きとリラックスできる環境を作るために、モナコに移ったんだ。」

仕事とチャンピオンシップ成功のために不可欠な要因とのバランスを保つため、グランプリのインターバル期間にはリラックスし、エネルギーを蓄えることが必要とされる。ビアッジは環境を整えたが、決してファンとの交流は絶やさないようにしている。

「ムジェロは僕のファンクラブにとっても、同しようにビックレースだ。多くのメンバーがレース観戦に訪れ、1994年からカサノバ・サベーリ・コーナーに集結しているんだ。あそこは常に真っ赤に染まったけど、今年は黄色一色になるだろうね。彼らのために走ることを誇りに感じる。土曜の夜は、いつものようにスクーターに乗って、彼らがいるコーナーに行くんだ。大歓迎を受け、直ぐに小さなパーティーが開催。とても気分がいい夜になるんだよ。」

Tags:
MotoGP, 2003, Gran Premio Cinzano d'Italia, Max Biaggi

Other updates you may be interested in ›