初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

予選初日 250ccクラス暫定フロントローライダーたちのインタビュー

予選初日 250ccクラス暫定フロントローライダーたちのインタビュー

予選初日 250ccクラス暫定フロントローライダーたちのインタビュー

暫定PP トニ・エリアス:
「スタートに大満足。このサーキットに到着する前、ブルノではバイクのレスポンスがなかったので不安だったけど、全てが順調だった。レスポンスはいい。このまま進んで行きたい。好ライダーが多いし、彼らのラップタイムも上がって行くから、明日は困難だろう。ポールをキープするのに苦労するだろうけど、僕たちは素晴らしいスタートを切った。継続したい。」

2位 ランディ・ド・ピュニエ:
「シャシーのセッティングを試し、好結果を得た。午前中はブレーキに問題があったが、午後には解消した。低速で風があるこのサーキットは好きじゃない。2月のテストから大きくセッティングを変更しなければならない。」

3位 マヌエル・ポジャーリ:
「シーズン序盤と同じだ。ニエトは最速ラップをマークするために僕を利用した。だけど、まだ僕に夕食をご馳走になっていないよ(笑)。冗談はさて置き、今日はとてもいい仕事した。だけど、レースに100%の状態で臨めるために、セッティングを煮詰めて行かないと。風はとても不愉快だ。特にコーナーを走行するときに。フロントローをキープしたい。このコースで追い越しは簡単ではないから。」

4位 ロベルト・ロルフォ:
「全般的にグランプリのスタートとしては満足するラップタイムだ。明日もこの延長上で仕事を続け、シャシーとエンジンの調整を進めたい。今日のラップタイムをキープできれば、問題があるとは思わない。」

Tags:
250cc, 2003, Grande Premio Marlboro de Portugal

Other updates you may be interested in ›