初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

予選2日 250ccクラスフロントローライダーたちのインタビュー

予選2日 250ccクラスフロントローライダーたちのインタビュー

予選2日 250ccクラスフロントローライダーたちのインタビュー

PP トニ・エリアス:
「ペースの遅いライダーたちと走っていた時に、突然、カリオが僕に突進してきて、路面に叩きつけられた。バイクが僕の頭に強烈にぶつかり、くらくらした。驚いたけど、幸い重症ではない。医師は少し気分が良くないから、午後は走るなと言った。リスボンに行って、頭の検査を受けたけど、全てOKだった。強打したから、気分が良くなく、頭痛がすると言われたけど、幸いケガはない。ネガティブな1日となったけど、僕たちはポールをキープした。」

2位 ランディ・ド・ピュニエ:
「僕のラップタイムとリズムに満足。僕の目標は安定して、もう一度表彰台を獲得することだ。」

3位 シルヴァン・ギュントーリ:
「初めてフロントローに入れて嬉しいよ。いいスタートを切って、トップグループで走りたい。表彰台を獲得できたら素晴らしいだろうね。」

4位 マヌエル・ポジャーリ:
「風が強かったからライディングが困難だった。路面は汚れていて、滑りやすい。セッティングを煮詰める作業が明日のウォームアップに残っている。このコンディションでは100%に持っていくことが重要だけど、他のライダーも同じような問題を抱えている。タイヤを選択した。好リザルトを獲得する自信がある。とにかく、レースの主役は風だろう。」

Tags:
250cc, 2003, Grande Premio Marlboro de Portugal

Other updates you may be interested in ›