初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサが今シーズン2度目のPP奪取

ペドロサが今シーズン2度目のPP奪取

ペドロサが今シーズン2度目のPP奪取

ダニ・ペドロサが第7戦オランドGP以来となる今シーズン2度目のポールポジションを逆転で決めた。

予選2日目はリオの輝く太陽の下、気温26度、路面温度は前日より9度上昇した34度の中で行われ、ペドロサが最終タイムアタックで自己タイムを0.857短縮して、一気にライバルたちを交わした。

暫定ポールポジションだったアレックス・デ・アンジェリスは、3戦連続のポールポジションを狙ったが、僅か0.018秒差で2番グリッドに。アンドレア・ドビツィオーゾが3番グリッドに入り、第8戦イギリスGP以来ホンダ勢2台がフロントローに並んだ。ハンガリー出身のガボール・タクマルシが今シーズンベストの4番グリッドで初のフロントローを獲得した。

セカンドローにはホルヘ・ロレンソ、ステファーノ・ペルジーニ、エクトル・バルベラ、スティーブ・イェンクナーが並び、暫定4番手だったジーノ・ボルソイは最後のタイムアタック中に他のライダーと接触転倒し、10番グリッド。前戦優勝のパブロ・ニエトは14番グリッドに止まった。

昨年の覇者、東雅雄は初日より1.339秒更新して17番グリッド。01年覇者の宇井陽一はタイム更新ならず22番グリッドから明日の決勝レースを迎える。

Tags:
125cc, 2003

Other updates you may be interested in ›