初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

予選2日目 250ccクラスフロントローライダーのインタビュー

予選2日目 250ccクラスフロントローライダーのインタビュー

予選2日目 250ccクラスフロントローライダーのインタビュー

PP トニ・エリアス:
「今日はレースに向けての準備に取り組んだ。エンジンを調整したけど、思っていたような成果はなかったし、セッティングに関してはむしろ後退してしまった。バッタイーニがポールに立ち、彼のラップタイムを更新するのは困難だろうと考えたけど、最後には上手く行った。明日のレースは、全てを期待することができる。ポジャーリは来るだろうし、デ・ピュニエもレースに加わってくる。リオGPの結果でチャンピオンシップは難しくなってしまったけど、まだ100ポイントのバトルが残っているし、最後まで戦いたい。失うものは何もない。リオのような走りをしたい。ただし、ファイナルでクラッシュなしで。」

2番グリッド フランコ・バッタイーニ:
「ポールを逃してしまったけど、感触はとても良かった。明日の天気がどうなるか様子をみなければ。だけど、99年のレインレースでも上手く走れたから、ウェットレースでも心配なし。」

3番グリッド ランディ・ド・ピュニエ:
「どうなったのか、正確に覚えていないけど、転び、路面に強く頭を打ってしまった。かかとも強打したし、指も痛めたけど、明日は大丈夫だ。マシンは速いし、僕は好結果を獲得する力がある。」

4番グリッド セバスチェン・ポルト:
「昨日の多くの問題を解決することができ、僕たちは前進した。特にサスペンション。だけど、トップスピードが不足している。セッション終盤の2ラップに全力でアタックし、フロントローからのスタートを獲得した。同様にレースへの良いリズムがあることを証明できた。」

Tags:
250cc, 2003

Other updates you may be interested in ›