初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エリアスが圧倒的な速さで4戦連続ポール獲得

エリアスが圧倒的な速さで4戦連続ポール獲得

エリアスが圧倒的な速さで4戦連続ポール獲得

シリーズ第14戦マレーシアGPの予選2日目が11日、セパン・サーキットで行われ、ランキング3位のトニ・エリアスがライバルたちを圧倒する驚異的な速さで、第11戦ポルトガルGPから続く4戦連続のポールポジションを奪取した。

予選初日に暫定ポールポジションを確保したエリアスは、ラストアタックで唯一の8秒台を突破する2分7秒535をマーク。ポイントリーダーのマヌエル・ポジャーリに大差0.884秒のアドバンテェージをつけた。

ポジャーリは、2番グリッドを確保。タイトル獲得のオプションが僅かに残っている昨年のポールシッター、フォンシ・ニエトは4戦ぶりにフロントローに返り咲けば、ランキング4位のランディ・ド・ピュニエと2位のロベルト・ロルフォは高温多湿なコンディションに苦しみ、予選初日のタイムを更新できず、それぞれ5番、10番グリッドに後退した。

アプリリア勢が上位を独占する中、松戸直樹はトップスピードが時速5キロ以上も遅いポテンシャルのハンディキャップをテクニックでカバー。第8戦イギリスGP以来シーズン2度目のフロントローを獲得した。

ワイルドカードの中国人ライダー、ホワン・シー・ジアンは25番で予選を突破したが、ヘ・ズ・ジアンはトップから107%の予選クリアタイムを越えることができなかった。

Tags:
250cc, 2003, Marlboro Malaysian Motorcycle Grand Prix

Other updates you may be interested in ›