Tickets purchase
VideoPass purchase

予選2日目 MotoGPccクラス フロントローライダーのインタビュー

予選2日目 MotoGPccクラス フロントローライダーのインタビュー

予選2日目 MotoGPccクラス フロントローライダーのインタビュー

PP バレンティーノ・ロッシ:
「今日の予選セッションでは戦略を変更することにした。2タイプの予選用タイヤがあり、セッションの前後半で使い分けた。2分2秒4はファンタスティックだ。レース用のタイヤをチェイスする必要ふぁあるが、明日まで待とう。」

2番グリッド カルロス・チェカ:
「今日のラップタイムには満足している。このコースでの自己ベストだ。こんなに速く走れるとは思ってもいなかったよ。もてぎの時のようにセッティングがいい感じで決まっているけど、もう少し煮詰まっている。これはチームがステップしたということだ。彼らの仕事に感謝したい。」

3番グリッド 玉田 誠:
「暑さにはブリヂストンは強いです。予選では1発を出しましたが、決勝ではまだアドバンテェージがあるので、明日の午前中に(決勝用タイヤ)を試そうと思います。」

4番グリッド マックス・ビアッジ:
「今日の路面はとても熱く、タイヤチョイスが困難だった。ポールタイムはマークできなかったが、僕のラップタイムはとてもコンスタントだったし、リズムは良かったし、速かった。予選用のタイヤを使用しなかった。特にソフトタイヤを使用しなかったから、自信がある。僕は常にコースで全力を尽くす。どのような展開となるか見てみよう。だけど、僕の感触はとてもいい。」

Tags:
MotoGP, 2003, Marlboro Malaysian Motorcycle Grand Prix

Other updates you may be interested in ›