初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝 MotoGPクラス 表彰台獲得ライダーたちのインタビュー

決勝 MotoGPクラス 表彰台獲得ライダーたちのインタビュー

決勝 MotoGPクラス 表彰台獲得ライダーたちのインタビュー

優勝 バレンティーノ・ロッシ:
「信じられないレースだった。他のライダーよりも良いリズムだと分かっていたし、序盤から好バトルだったが、風が少し危険だったから、早くトップに立ちたかった。3秒差のリードした時にピットボードを見たら、「10」と示されていた。ペナルティーボードを見るまでの数ラップ間は何を意味していたのか分からなかった。1シーズンに2回も同じことが起こるなんてクレージーだ。僕はフラッグを見ていない。このステージで僕は何も失うものはない。チャンピオンシップを制したからね。だから、アドバンテェージを広げるためにとてもハードに攻めた。信じられない勝利だ。」

2位 ロリス・カピロッシ:
「何が起こったのか解らなかった。ピットボードでタイム差を見て、何が起こったのか自答自問したよ。バレンティーノの今日のペースとリズムでは、捕まえることは無理だと分かっていた。2位を狙い、ここ3戦は難しいレースだったから、これは好リザルトだ。チームに感謝したい。」

3位 ニッキー・ヘイデン:
「初めてのちゃんとした表彰台獲得は本当にナイスだ!レース序盤、トラックはすごくスリッピーで、注意が必要だった。ロリスとバレンティーノが先に行ってしまうのが見えたけど、彼らのスピードをキープするのができないことは分かっていた。僕たちは正しいバトルをしたし、僕は3位になりたかった。ラスト3ラップ、ラップボードには「P5」と示してあったのが見えて、3位を目指しに行った。セテを抜いて、アドバンテェージを保つには、ラインをキープしなければならないことは分かっていた。とてもパッヒーだ。チームと全てのスポンサーに感謝したい。」

Tags:
MotoGP, 2003, SKYY VODKA Australian Grand Prix

Other updates you may be interested in ›