初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バルベラ論争:シードルフがアプリリアの支援を肯定

バルベラ論争:シードルフがアプリリアの支援を肯定

バルベラ論争:シードルフがアプリリアの支援を肯定

バルベラ論争:シードルフがアプリリアの支援を肯定 エクトル・バルベラの移籍問題に関して、シードルフ・レーシングのオーナーであるクリスチャン・シードルフが6日、アスパル・チームから5日にリリースされた声明に対してのリリースを発表した。

アスパル・チームからアプリリアレーシングのテクニカルディレクターであるMr.ジャン・ヴィットベーンの公式リリースを拝見した後、私たちはリリースの内容を確認するためにMr.ジャン・ヴィットベーンに接触を取りました。Mr.ジャン・ヴィットベーンは私のチーム、シードルフ・レーシングに次のことを認めました。

1- ヘクトル・バルベラは、アプリリアレーシングから最高のマテリアルが使用できること。従って、レースに100%の支援が得られることを確認しました。同様にMr.ジャン・ヴィットベーンは、アプリリアレーシングがエクトル・バルベラ個人に関心があり、具体的にチームではないことを私たちに示しました。

2 – アプリリアレーシングとシードルフレーシングが共同でプロジェクトを支援することを、ムジェロで開催されたイタリアGP期間中にMr.ジャン・ヴィットベーンが個人的に約束を守り、アプリリアレーシングがシードルフレーシングとプロフェッショナルな関係を築いていることに満足していることを説明します。

3 – 同様にアプリリアレーシングから、特にMr.ジャン・ヴィットベーン個人からエクトル・バルベラへの支援に感謝します。当初の時点からアプリリアレーシングは来シーズン、1人のライダーに最高のマテルアルを提供することを約束しました。エクトル・バルベラの状況が早期に解消することを願います。

Clarence Seedorf(クリスチャン・シードルフ)

Tags:
125cc, 2003

Other updates you may be interested in ›