Tickets purchase
VideoPass purchase

バルベラがシードルフ・レーシングでデビュー/デルビ&ジレラ合同テスト

バルベラがシードルフ・レーシングでデビュー/デルビ&ジレラ合同テスト

バルベラがシードルフ・レーシングでデビュー/デルビ&ジレラ合同テスト

シードルフ・レーシングとデルビ&ジレラが5日、スペイン・バレンシアで2日間の合同テストを開始した。

テスト前日に紆余曲折がありながら、ようやくシードルフ・レーシング入りを果たしたエクトル・バルベラが初走行を実施。早速、新マシンの感触を得ようと積極的にコースに飛び出し、午前中の雨により、ウェットコンディションのトラックにも関わらず、参加者最多の50ラップと走りこんだ。

チームメイトの現スペイン王者アルバロ・バウティスタは、来シーズンから装着するダンロップタイヤ(チームは今シーズン、ブリヂストンを使用)の初テスト。周回を重ねるごとにタイムアップしていたが、再び雨が降り、テストは中断された。

デルビのホルヘ・ロレンソとアンヘル・ロドリゲスもテストを実施。まだ来シーズンへの参戦が明白になっていないロドリゲスだが、戦闘力のあるマシンを走行できたことに満足感を示した。「気力が充実しているし、とてもプロ意識の高いチームに辿り着いた。全力を尽くしたい。」

そして、ジレラもテストを実施。ファブリツィオ・ライとステファーノ・ペルジーニが参加した。

テスト初日のラップタイム

エクトル・バルベラ: 1分43秒0 50ラップ
アルバロ・バウティスタ: 1分43秒4 40ラップ
アンヘル・ロドリゲス: 1分46秒8 30ラップ
ホルヘ・ロレンソ: 1分49秒3 24ラップ
ステファーノ・ペルジーニ: 1分55秒4 12ラップ
ファブリツィオ・ライ: ・・・・・・ 10ラップ

Tags:
125cc, 2003

Other updates you may be interested in ›