Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By Esponsorama Racing

シメオンがMotoE™世界選手権に転向

チームメイトは中量級に参戦していた元Moto2™欧州選手権王者のグラナド。

アビンティア・レーシングを運営するエスポンソラマ・レーシングは第16戦日本GPの週末、来季19年に初開催するエレクトリックバイクのチャンピオンシップ、『FIM Enel MotoE™ World Cup(FIM エネル MotoE™世界選手権)』の参戦に向けて、今季最高峰クラスで起用する29歳のベルギー人ライダー、チャビエル・シメオンの起用を発表した。

チームメイトには、17年にMoto2™欧州選手権を制して、今季第10戦チェコGPまでフォワード・レーシングから中量級に参戦していた22歳のブラジル人ライダー、エリック・グラナドを指名。

最終戦バレンシアGP後、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで11月23日からオフィシャルテストが開催され、チームは初参戦に向けて始動する。

『FIM Enel MotoE™ World Cup(FIM エネル MotoE™世界選手権)』は、12チーム18名が参戦。

先陣を切って、ダイナボルト・インタクトGPは、今季2度目となるMoto2™欧州選手権を制したイェスコ・ラフィンの起用を発表。アンヘル・ニエト・チームは、元125ccクラス王者のニコラス・テロール、グレシーニ・レーシングは、元125ccクラスに参戦し、3年目のイタリア選手権スーパーバイククラスでタイトル争いを繰り広げるマッテオ・フェラーリの起用を発表していた。

参戦エントリーリスト
テック3・レーシング (2人)
LCR・ホンダ (2人)
プラマック・レーシング (2人)
エスポンソラマ・レーシング (2人)
グレシーニ・レーシング (2人)
アンヘル・ニエト・チーム (2人)
セパン・インターナショナル・サーキット (1人)
マーク・VDS・レーシング・チーム (1人)
アジョ・モータースポーツ (1人)
ポンス・レーシング (1人)
ダイナボルト・インタクトGP (1人)
SIC58・スクアドラ・コルセ (1人)