Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 days 前
By Petronas Yamaha SRT

接触転倒を強いられたモルビデリ「洗練されていない動きだと感じた」

今季のワーストグリッドから4度目の転倒リタイアで総合12位に後退。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームフランコ・モルビデッリは、第10戦チェコGPの決勝レースで、4列目12番グリッドからオープニングラップの4コーナーで他車との接触が原因で今季6度目の転倒。今季4度目の転倒リタイアを喫し、総合11位から12位に後退した。

「ウォームアップ走行でグッドなフィーリングを掴んだから、グッドなレースができると思っていただけに残念。もしかしたら、ヨハン・ザルコはスタートの後で少しストレスを感じていたのかもしれないけど、僕に対して洗練されていない動きだと感じた。しかし、これがレース。僕は来週末に向けて、力強く戻れるようにトライしよう。」

「明日のテストは、今日の重圧から開放され、バイクをもう少し改善するために重要なものとなる。それに、次のレースに直行できることは良い」と、転倒の原因を説明し、テストと次戦オーストリアGPに向けて気持ちを切り替えた。

Support for this video player will be discontinued soon.

オープニングラップの4コーナーで発生したことは?

50%割引で提供中の『ビデオパス』では、第10戦チェコGPの決勝レースをオンデマンドで提供。