Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 hours 前
By Ducati Team

「理想的な状態でヘレスに来たけど、状況は非常に特殊だ」

6月28日に骨折した左鎖骨の手術を受けてから17日後、合計55ラップを周回。

ドゥカティ・チームアンドレア・ドビツィオーソは、ヘレス・サーキット-アンヘル・ニエトで開催されたオフィシャルテストで、トップタイムから0.986秒差の総合15番手だった。

セッション1は、骨折した左鎖骨の回復具合を確認するように22ラップを周回して19番手。セッション2は、5度のコースインで30ラップを周回すると、1分39秒台を5回、1分38秒台を2回記録して12番手まで挽回。

「4か月間の休止期間後で、今日のセッションは本当に根本的であり、その進み方がとても嬉しい。手術後のリハビリのおかげで、グッドなテストをするために、理想的な状態でヘレスに来たけど、状況は非常に特殊だ。」

「気温は非常に高く、タイヤは昨年と異なり、長い間バイクに乗っていなかったけど、このテストのおかげで、時間を失わずに、レースに向けて重要な分野の仕事に集中することができる」と、52ラップを周回した後にテストを振り返った。

VideoPass(ビデオパス)』では、第2戦スペインGPの最高蜂クラス写真撮影会から最終戦バレンシアGPの決勝レース共同記者会見まで、全戦を完全網羅の生中継で配信。