Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By motogp.com

バレンシアとポルティマオで合同テスト実施

小椋藍、佐々木歩夢、鳥羽海渡、國井勇輝、山中琉聖が26日後の初戦に向けてテスト。

Tags 2021

中量級と軽量級は2日、第19戦バレンシアGPの開催地、サーキット・リカルド・トルモで2日間のプライベートテストを終了。中量級から3チーム6人、軽量級から2チーム4人が曇り空で気温が上昇しなかったドライコンディションの中、初日から始めたテストプログラムを継続した。

エルフ・マーク・VDSのサム・ロウズとアウグスト・フェルナンデェスは、2日間で173ラップと150ラップを周回すれば、ペルタミナ・マンダリカ・SAG・チームのトーマス・ルティとボ・ベンスナイダーは、新天地で積極的にコミュニケーションを図りながら113ラップと142ラップを周回。

アスパル・チームのアロン・カネトとアルベルト・アレナスはスピードアップ機、セルジオ・ガルシアとイザン・グエバラはガスガス機への適応作業に専念。

プステルGPのジェイソン・デュパスキエと山中琉聖も3週間後の開幕戦カタールGPに向けてテスト計画を実行。

第3戦ポルトガルGPの開催地、ポルティマオ・サーキットでは、2日間のプライベートテストが始まり、軽量級から10チーム19人、軽量級から7チーム14人が参加。

昨年の最終戦ポルトガルGP直後に当地でプライベートテストを実施したラウール・フェルナンデェスと小椋藍、先週サーキット・リカルド・トルモでプライベートテストを実施したチェレスティーノ・ヴィエッティとトニー・アルボリーノがカレックス機への乗り換え作業を中心とした作業に取り組めば、前軽量級王者のロレンソォ・ダッラ・ポルタは最多の83ラップを周回。

昨年12番グリッドから4位まで巻き返したマルコ・ベツェッキは1番時計を刻み、ポル・トゥ・ウインを達成したレミー・ガードナーは2番手。チャンピオンの後任に指名されたジョー・ロバーツは3番手。

昨年11月の第13戦ヨーロッパGPで手首を脱臼骨折したジェイク・ディクソンは、オフィシャルテストでの復帰を視野にリハビリを継続していることから、今回のテストをキャンセル。

軽量級では、先週のプライベートテストでKTM機からホンダ機に初めて乗り換えたアンドレア・ミニョが最多の60ラップを周回して1番手に進出。昨年予選11番手のデニス・オンジュは予選タイムを更新して2番手。新人のペドロ・アコスタは3番手。

参戦2年目の國井勇輝は、昨年の予選15番手のタイムを更新。参戦5年目の佐々木歩夢と鳥羽海渡もテストを開始した。

非公式ラップタイム
1. マルコ・ベツェッキ:1分43秒322(42ラップ)
2. レミー・ガードナー:1分43秒375(33ラップ)
3. ジョー・ロバーツ:1分43秒471(37ラップ)
4. マルコス・ラミレス:1分43秒641(78ラップ)
5. マルセル・シュロッター:1分43秒721(77ラップ)
6. チャビ・ビエルゲ:1分43秒902(41ラップ)
7. ラウール・フェルナンデェス:1分43秒996(35ラップ)
8. ロレンソォ・ダッラ・ポルタ:1分44秒206(83ラップ)
9. チェレスティーノ・ヴィエッティ:1分44秒297(74ラップ)
10. ファビオ・ディ・ジャンアントニオ:1分44秒430(36ラップ)
11. ステファノ・マンツィ:1分44秒448(68ラップ)
12. エクトル・ガルソ:1分44秒459(63ラップ)
13. ホルヘ・ナバーロ:1分44秒466(39ラップ)
14. トニー・アルボリーノ:1分44秒525(81ラップ)
15. 小椋藍:1分44秒645(65ラップ)
16. ニコロ・ブレガ:1分44秒710(36ラップ)
17. キャメロン・ボビエ:1分44秒806(40ラップ)
18. ソムキャット・チャントラ:1分44秒981(51ラップ)
19. ユリ・モンテッラ:1分45秒560(47ラップ)

ファステストラップ:1分42秒504(2020年レミー・ガードナー)
オールタイムラップレコード:1分42秒504(2020年レミー・ガードナ)

1. アンドレア・ミニョ:1分48秒565(60ラップ)
2. デニス・オンジュ:1分48秒791(38ラップ)
3. ペドロ・アコスタ:1分48秒834(47ラップ)
4. ジャウメ・マシア:1分49秒177(43ラップ)
5. フィリップ・サラッチ:1分49秒268(45ラップ)
6. ガブリエル・ロドリゴ:1分49秒357(45ラップ)
7. ダーリン・ビンダー:1分49秒384(53ラップ)
8. ジョン・マックフィー:1分49秒435(34ラップ)
9. 國井勇輝:1分49秒528(59ラップ)
10. ジェリミー・アルコバ:1分49秒689(34ラップ)
11. 佐々木歩夢:1分49秒884(24ラップ)
12. マキシミリアン・コーフラ:1分50秒922(58ラップ)
13. 鳥羽海渡:1分50秒936(48ラップ)
14. アンディ・ファリド・イズディハール:1分51秒932(62ラップ)

ファステストラップ:1分47秒858(2020年ラウール・フェルナンデェス)
オールタイムラップレコード:1分47秒398(2020年ジャウメ・マシア)

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、オフィシャルテストのビデオコンテンツの配信だけでなく、開幕戦カタールGPから3クラス全戦全セッションを完全網羅の生中継で配信