Tickets purchase
VideoPass purchase

伝統のワイルドカード勢成功ライダー、宮崎、酒井

伝統のワイルドカード勢成功ライダー、宮崎、酒井

伝統のワイルドカード勢成功ライダー、宮崎、酒井

雨空のもとで開催された開幕戦で、日本人ライダーが主役を飾った。"ワイルドカード・デー"と呼ぶにふさわしく、ベテランライダーの宮崎敦(35歳)と無名な酒井大作(20歳)の二人が、優勝候補者たちを退け、1位、2位を獲得した。両ライダーにとって、レース生涯最高の成績を収めた。日本での"招待ライダー"の好成績は、決して珍しい現象ではない。宮崎と酒井の成功は、鈴鹿では定番であり、勝利は伝統的とも言えるほど、繰り返されている。

96年には、マックス・ビアッジをエスコートするように沼田憲保と加藤大治郎が、ワイルドカードから表彰台に登った。加藤はさらに翌年の97年と98年に、再び特別参加枠から連続優勝を果たすと、フル参戦ライダーとしてスタートした2000年と01年にも表彰台の一番高いところに登り、4連続優勝を記録した。

その他に特別参戦から特筆する活躍を見せたのは、94年に2位を獲得した宇川徹であり、中野真矢である。現在、Gauloises Yamaha Tech3からMotoGPクラスに参戦している中野と、Yamaha Kurzの松戸直樹は、98年に加藤とスペクタクロなレースを展開し、表彰台をワイルドカード勢で独占した。

Tags:
250cc, 2002, SKYY VODKA Grand Prix of Japan

Other updates you may be interested in ›