Tickets purchase
VideoPass purchase

アプリリアとのフィーリングが合ってきたトニ・エリアス

アプリリアとのフィーリングが合ってきたトニ・エリアス

アプリリアとのフィーリングが合ってきたトニ・エリアス

トニ・エリアスは、初戦の数レースこそアプリリアへの適応プロセスで苦戦を強いられたが、ここに来て向上してきた。125ccクラスで旋風を巻き起こし、250ccクラスにステップ19歳のスペイン人は、プレシーズン中に転倒したが、ニューマシンへのフィーリングが徐々に適してきて、アグレッシブなライディングが復活してきた。

シリーズ第4戦のル・マンでは、レース序盤に青木治親と接触があったが、巻き返し6位でゴールした。2年目の昨年も、ル・マンで初表彰台を獲得した新鋭ライダーは、チャンピオンシップについて、楽観的に考えている。「プレシーズンからシーズン序盤にかけて、厳しい仕事をこなしてきたことで、シャシーのセッティングに関しては、最適なものが見つかり、レースも満足して終えることができた。ムジェロでは、セッティングの大きなチェンジはせず、ル・マンと同一線上の作業をする予定だ。もちろん、他のセッティングでさらにマシンを進化させる。今、マシンとのフィーリングがとてもいいんだ。全てが良くなるだろうと確信している。」

エリアスは週末、過酷なレースが展開されると認識している。「ここでは、イタリア人ライダーたちがトップを狙うために最大限に挑むから、厳しいレースとなろう。ムジェロは高速で、難しいサーキットだ。個人的にもお気に入りのサーキットで、上手くライディングできている。それにここは、アプリリアのテストで使用しているから、アドバンテェージが僕たちにはある。このグランプリでは、もし予選が上手くいけば、トップグループで走行し、ライダーとして成長するために可能な限り、いろいろなことを学びたいね。」

Tags:
250cc, 2002, Gran Premio Cinzano d'Italia

Other updates you may be interested in ›