Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By motogp.com

プラマックがミラーの来季20年起用を発表

注目されていたミラーがドゥカティとの契約を更新し、プラマック・レーシングからの継続参戦が決定。

プラマック・レーシングは14日、18年から起用するジャック・ミラーとの間で、来季20年の参戦に関して合意したことを発表。24歳のオーストラリア人ライダーは、ドゥカティ・コルセと直接契約を締結し、2年契約を結ぶフランセスコ・バグナイアと共に20年型のプロトトタイプマシン、デスモセディチGP20を走らせることが決まった。

ドゥカティのサテライトチームから3年連続して参戦することが決定したミラーは、「合意に達したことがとても嬉しい。プラマック・レーシングは、加入当初から快適さを感じさせてくれ、ドゥカティとの関係は非常に緊密。もう一度オフィシャルバイクが投入されることになり、僕はグレートなリザルトを獲得するためにベストを尽くそう。ここまでに素晴らしい仕事をしてくれたドゥカティとチームに感謝したい」と、契約更新を喜んだ。

チームマネージャーのフランセスコ・グイドッティは、「我々の目標は、ヤングライダーたちを成長させ、ファクトリーのドゥカティバイクを走らせる機会を提供することです。ジャックはグレートなタレントを具えていることを証明し、そのことを現在のポイントランキングが確証します。来季も我々と共に参戦することを誇りに思い、19年にグレートなリザルトの獲得に向けて仕事に集中します」と、ミラーの継続起用を歓迎。

ドゥカティ・コルセのスポーティングディレクター、パオロ・チャバッティは、「我々はプラマック・レーシングと合意に至ったことを嬉しく思います。ドゥカティはジャックとペッコ(フランセスコ・バグナイアの愛称)のために、デスモセディチGP20をファクトリーサポートのチームに供給し、初めて同一の4台(ドゥカティ・チームに2台、プラマック・レーシングに2台)を投入します。」

「この並外れた努力により、我々のライダーたちの間で、ポジティブ且つフェアーな競争が促進させ、ベターなリザルトを獲得するという目的において、より多くの情報を収集し共有することで、開発プロセスに役立つでしょう。ジャックが18年に加入してから継続的な成長を見せてきたことから、来季も我々と共に参戦することを大変嬉しく思い、ドゥカティとの継続的な約束をしてくれたプラマック・レーシングに感謝します」と、ミラーとの契約更新とプラマックとのパートナーシップを喜び、4台の20年型プロトタイプマシンを準備することを説明した。

50%割引で提供中の『ビデオパス』では、第11戦オーストリアGPの決勝レースをオンデマンドで配信。