Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By motogp.com

「もしかしたら、チャンピオンシップは安定するかもしれない」

ポルティマオの攻略法を説明。来年もKTMのテストライダーを継続することを示唆。

KTMのテストライダー、ダニ・ペドロサは6日、最終戦ポルトガルGPの開催地に指名されたポルティマオ・サーキットを訪れ、7日から2日間のテストを前にプレスカンファレンスに出席。チャンピオンシップ初開催地の攻略法を説明した。

「ここを訪れるのは初めて。カギはトラックを学び、コーナーのフィーリングを少し得て、高低差が多く、多くのコーナーが見えないことから死角を学びこと。ブラインドスポットに対するアプローチとブレーキングポイントなどを学ぶには、周回を重ねることが必要。同時にタイヤをテストする。レースは11月に開催されることから、コンディションが異なるけど、複数のタイヤを試す必要がある。スピード、ギアボックス、フィーリングを確認して、2日目に向けてリセットしよう。」

KTMは、参戦1年目に69ポイント、2年目に72ポイント、3年目に全19戦で111ポイントを記録すれば、今年は2勝を含む4度の表彰台を獲得し、第9戦カタルーニャGPを終了した時点で109ポイントに到達。

「KTMは昨年からの進歩に大変喜んでいると思う。ステップを確認することは本当にポジティブ。カギは、バイクのより落ち着いたパッケージだと思う。ライダーからの信頼感が少し高まった。それにチャンピオンシップは... レースではトップに立つことができれば、次戦に苦しんでしまうこともある。全てのライダーたちに影響している。KTMにとって、ここまでは良い。昨年から前進した。もしかしたら、チャンピオンシップはファイナルに向けて、より安定するかもしれない。どうなるか見てみよう。」

「毎戦ライダーとバイクのパフォーマンスに大きな変動があった。ここからは、少し落ち着くと思う。特にチャンスが見えているライダーたちは、上手く終わらせるだろう。もしかしたら、これからはもう少し結果を推測することができるかもしれない。ここまでのところ、予測は難しかった。」

今年はセパン・インターナショナル・サーキット、レッドブルリンク、アウトモトドローム・ブルノ、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリでテストを実施。今回は、バレンシアのサーキット・リカルド・トルモで2日間のテストを経由して、ポルトガル入り。来年もテストライダーを継続することを示唆した。

「僕たちは多くのテストを多くのサーキットで実施した。このことがこの前進に役立ったけど、コンセッションのポイントを達成したことから、少し再順応が必要となるだろう。多くのサーキットでテストができなくなる。シーズン中にバイクをチェンジできなくなる。新たな戦略に対応する必要がある。これは重要な変更となり、持ち札を上手く使わなければいけない。」

「周回数に関しては、問題ないだろう。訪れることができるサーキットに制限が設けられるけど、今まではレギュラーライダーたちとタイヤを供給していたことから、あまり周回を重ねることができなかったけど、走り込むことができるだろう。」

レギュラーライダーのポル・エスパルガロ、ブラッド・ビンダー、ミゲール・オリベイラは、競技規則に従い、今回のテストでは市販車を使用。ペドロサは、KTM勢で唯一プロトタイプマシンを走らせ、データを収集する。

Ver esta publicación en Instagram

Valencia test done! ???????????? #2days #work @ktmfactoryracing

Una publicación compartida de Dani Pedrosa (@26_danipedrosa) el

VideoPass(ビデオパス)』では、第10戦フランスGPのプレスカンファレンスから『MotoE™ワールドカップ 』の決勝レースまで完全網羅の生中継で配信

推奨記事