Tickets purchase
VideoPass purchase
News
17 days 前
By Team Suzuki Ecstar

ジョアン・ミル、ゼッケン36の継続を決断

タイトル防衛に挑む21年シーズンも引き続き、マイナンバーを使用。

Tags MotoGP, 2021

チーム・スズキ・エクスターは12日、チームのソーシャルメディアを通じて、ジョアン・ミルがチャンピンだけに与えられる特権であり、王者を象徴するゼッケン『1』ではなく、キャリアを通じて使用してきた『36』と共に2021年シーズンに挑むことを発表した。

「何よりも『36』はハードワークを表現する。ハードワークという仕事の仕方を続けて、さらに多くのタイトルを獲得する機会を得たい。もしかしたら、もう一度、勝つかもしれない。そうしたら、『1』を選ぼう。今はこの決断をとても嬉しく思う。ファンのサポートに感謝したい。」

「本当に難しい決断だった。長く時間をかけて考えた。どちらのゼッケン番号も利点があり、『1』は本当に僕が勝ち取ったものだから、使用する素晴らしい機会がある。同様に『36』は数年間に渡って使用してきたから、大きな意味がある。ほぼ僕の一部なんだ。だから、『36』で走り続けたかった」と、継続使用の理由を説明。3度のタイトルを獲得した場合、改めて検討することを語った。

王者ジョアン・ミルの決断