Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By motogp.com

フランスGPのプロモーターが開催に向けて最終調整

昨年に引き続き2年連続の観客収容に向けて、フランス政府とサルト県の承認待ち

第5戦フランスGPのプロモーター、クロード・ミッチーは、第3戦ポルトガルGPが開催されたアウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェを訪問。1ヶ月後に迫ったグランプリ開催に向けて最終的な調整のため、ドルナスポーツとの協議を行った。

「カルメロ・エスペレータと筆頭する彼のチームとフランスGPの準備を目的としたミーティングを行うためにポルティマオに来ました。現時点で多くのサーキットと同じように無観客の開催となりますが、絶好調なフランス人ライダー、ファビオ・クアルタラロとヨハン・ザルコをサポートできるように限られたファンを迎えられるように4月下旬、遅くても5月上旬には最終的な判断を下します。」

「フランス全土で施行されている衛生的な規則とドルナスポーツがパドックで実施している規則に適用するできるように十分に準備を整える必要があります。運営側にも衛生的なプロトコルもあり、ファンを集客する場合に備えて、他のプロトコルも準備しています。」

「アイデアは、観戦券を所有する人はPCR検査の結果をプラットフォームに送信し、携帯電話を利用してアクセスするという手段です。これが我々の希望です。フランス政府とサルト県の承認を待たなければいけませんが、観客を受け入れるために、最善を尽くしています。」

「開催国の全てのプロモーターにとって大変困難なことであり、状況が好転することを待つ必要があります。我々はウィリスと共存しなければならず、我々がやるべきことは適切な解決策を見つけることです。ドルナスポーツは、このスポーツの継続的な開催を許してくれました。これは素晴らしい模範であり、これは最高のシナリオであることから、ファンが戻って来ることが必要です」と観客を迎え入れるために準備を進めていることを説明した。

第5戦フランスGPは、ルマンで5月14日に初日、16日に決勝レースを開催する。

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第3戦ポルトガルGPの決勝レースをオンデマンドで配信

推奨記事