Tickets purchase
VideoPass purchase
News
17 days 前
By motogp.com

『MotoE™ World Cup』~エリック・グラナドが初日連続の最速時計

注目の新人、ポンスとアルデグエルは2番手と6番手。トーレス10番手、大久保12番手

Enel MotoE™ World Cup(MotoE™ワールドカップ)』のフリー走行2は30日、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで行われ、昨年の開幕戦で全セッションを制して優勝を挙げた当地に戻って来て、週末最初のセッションで1番手に進出したエリック・グラナドがトップタイムをマーク。初日総合1番手に進出した。

気温21度、路面温度42度のドライコンディションの中、フリー走行1で7番手だったミケール・ポンスは0.223秒差の2番手に浮上すれば、フリー走行1で13番手のチャビエル・カルデルスは0.362秒差の3番手にジャンプアップ。フリー走行1で10番手のアレッサンドロ・ザッコーネは4番手。

フリー走行1で転倒を喫して2番手だったドミニケ・エガーターは5番手。

フリー走行1で新人勢の最高位となる5番手に進出したフェルミン・アルデグエルは6番手。フリー走行1で4番手のマッテオ・フェラーリは8番手。フリー走行1で3番手のジョルディ・トーレスは10番手。

フリー走行1で11番手の大久保光は、タイムを更新できずに1.420秒差の12番手に後退した。

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、開幕戦スペイン大会の公式予選『E-Pole』と決勝レースを完全網羅の生中継で配信