Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By motogp.com

「『Moto2™クラス』に行きたいのかも」

ペドロ・アコスタが中量級の昇格する可能性と軽量級に継続参戦する可能性を示唆

『motogp.com』がヤングライダーたちを焦点に当てる提供する『UP&COMING(アップ&カミング)』は、歴史的な記録を次々に書き換え、印象的な走りを見せる軽量級のポイントリーダー、ペドロ・アコスタのインタビューを紹介。周囲の環境が変わったことから、バイクを乗り始めた頃の思い出、レースを止める状況に追い込まれたこと、そして将来に対する考えを語った。

「僕はマサロン(スペイン南部の小さな町)でいつものように過ごしているけど、ムルシアにトレーニングや買い物に行くとき、誰もが僕のことを知っていて、話したいと思っている。」

「5歳、5歳半ぐらいのときにモトクロスに乗り始め、ロードを始めたのは6歳のとき。最初にバイクを与えてくれたのは父親。モトクロスはより危険で、ロードレースを好み、好きになった。決して感じたことがない何かを感じた。」

「2018年、チームを失ってしまった。あの機会がなかったら、もしかしたら、ここにはいなかったかもしれない。レッドブル・ルーキーズ・カップの1年目は、失うものは何もなかった。勝つことだけ。落ち着くことを学び、もっとバイクのことを考えるように努め、『栄光か病院か』というメンタリティだったけど、病院ではないことを学び、2位はそれほど酷くないということを知った。」

「チャンピオンシップは少しだけ簡単。レッドブル・ルーキーズ・カップでは、1人のヘルパーと24人のために1人のサスペンション担当がいただけ。ここでは、多くのプラクティスがあり、君のために作業をしてくれる沢山の人たちがいる。レッドブル・ルーキーズ・カップよりも簡単にセッティングが見つけることができる。」

「チームに加入してからは、楽しむということが最初だった。改善しなければいけないことに集中する必要がある。アキは冷静な人。落ち着けば、レースは簡単になるといつも助言してくれる。」

「周囲に沢山のカメラがあるということは、良い仕事をしているから。もしかしたら、シーズン中に多少プレッシャーを感じるかもしれないけど、常にプレッシャーはある。」

「チャンピオンシップのことを考え始めたら、犯さなミスを犯してしまうかもしれないから1戦1戦に取り組む。」

2004年5月25日生まれのアコスタは、2019年から『レッドブル・ルーキーズ・カップ』に参戦。1年目に3勝を含む5度の表彰台を獲得。初優勝はザクセンリンクでの第1レース。総合2位に進出すると、2年目はオープニングレースからチャンピオンシップの新記録となる6レース連続優勝を達成して第14代目のチャンピオンに輝く。『Moto3™ジュニア世界選手権』では1年目に総合16位、2年目に3勝を含む8度の表彰台を獲得して総合3位に進出していた。

2004年5月25日生まれのアコスタは、2019年から『レッドブル・ルーキーズ・カップ』に参戦。1年目に3勝を含む5度の表彰台を獲得。初優勝はザクセンリンクでの第1レース。総合2位に進出すると、2年目はオープニングレースからチャンピオンシップの新記録となる6レース連続優勝を達成して第14代目のチャンピオンに輝く。『Moto3™ジュニア世界選手権』では1年目に総合16位、2年目に3勝を含む8度の表彰台を獲得して総合3位に進出していた。

アップ&カミング~ペドロ・アコスタ

25%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第8戦ドイツGPの全セッションを完全網羅の生中継で配信

 

推奨記事