未来を見据えた枠組み: ISO 20121

昨シーズン、FIM MotoGP™世界選手権の運営者としてDornaサステナブルなイベント運営システムに対するISO 20121認証を取得しましたISO 20121は、あらゆるレベルにおけるサステナビリティの改善とイベントのサステナブルな運営を行うための国際規格です。 

ISO 20121
ISO 20121

Dornaは、ISO 20121アドバイザーのRight Hubの支援を受け認証団体のTÜV NORDから認証を取得し、早期にISO 20121認証を獲得したモータースポーツ団体の一つになりました。 

ISO 20121はイベントが経済、環境、社会にもたらすインパクトを改善・維持するための枠組みであり、現在の基準と今後の継続的な改善に向けた計画を認証するものです。ISO 20121認証の取得は任意であり、企業または団体が基準を満たしているかどうかに関して、独立した第三者監査機関が客観的に審査を行います 

ISO 20121認証の取得は、ポジティブな変化をもたらすDornaの取り組み、そして、MotoGP™のイベント運営におけるあらゆるセクターで高い水準を達成したことが認められた証であり、Dornaにとって重要な成果といえます。ISO 20121認証の維持は、今後の継続的な改善に向けた行動計画次第です。この計画はMotoGP™の関係者全員の参加と協力を必要としており、『Racing Togeher』のスピリットを反映しています。