Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By Octo Pramac Yakhnich

ペトルッチ:「勝利を持ち帰る時だった」

初優勝を獲得する絶好の機会だと確信を持って走っていたが、技術的な問題が発生。

オクト・プラマック・ヤクニックのダニロ・ペトルッチは、第8戦TTアッセンの決勝レースで、3戦連続の9番グリッドから雨脚が強まってから5秒差を挽回してトップグループを捕まえた後、自己最高位となる2番グリッドからスタートしたレース2の2ラップ目にデスモセディチGPがストップ。転倒を喫した昨年10月の第15戦日本GP以来、今季初のリタイアを強いられた。

「ダッシュボードが消灯し、エンジンがストールしてしまった。」

「とても残念。僕たちは週末を通じてとても速かった。チームは素晴らしい仕事をしてくれた。ドライコンディションでも上位に進出できることを確信していた。レースでは良い感じがあり、全てが正しく進んでいた。勝利を持ち帰る適切な時だと感じ、モチベーションが高かったけど、不運にも問題が全てを台無しにしてしまった。ダッシュボードが消灯して行くところを見え、エンジンがストールしてしまった。残念だけど、僕たちは素晴らしい仕事をしたと確信する。優勝が相応しいけど、機会があるはずだ。次戦のドイツからだ!」と、リタイアの原因を説明し、気持ちを切り替えた。