Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレス「信じられない前進だ」

初日の11番手から31秒台を30回、30秒台を9回記録して、総合4番手に浮上。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、チャーン・インターナショナル・サーキットで開催中のオフィシャルテスト2日目に、セットアップを中心にミシュランが準備した2タイプのタイヤをテストしながら、16度のコースインで90ラップを周回すると、1分31秒台を30回、1分30秒台を9回記録して、トップタイムから0.305秒差の4番時計。ライディングスタイルに大変良く適応するトラックと印象を語った初日の11番手から総合4番手に浮上した。

「自分のフィーリングに従い、自分のセットアップを整えて行ったから、良い感じがある。自分のライディングスタイルで走ることができる」

「ここで、どのようにバイクを走らせるかを理解するのに多少の時間を費やしたけど、午後には感じが良くなり始め、グッドなペースで走ることができた。最後に幾つかのことを変更すると、改良したようだから、もしかしたら、これが方向性かもしれない。明日、確認しよう。」

「自分のフィーリングに従い、自分のセットアップを整えて行ったから、良い感じがある。自分のバイクを持ち、自分のライディングスタイルで走ることができる。明日はセッティングをチェックしよう。そして、リズムを良くしないと。僕たちは午後に信じられない前進を果たしたと思う。1分30秒台を安定して走れたことが最も重要だ」と、