Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By LCR Honda IDEMITSU

中上「レースの週末が本当に楽しみ」

2日目と3日目に転倒を喫して、3度連続の新人勢最高位を逃したが、存在感を披露。

LCR・ホンダ・イデミツの中上貴晶は、今年最初のオフィシャルテストで総合15番手、今年2度目のオフィシャルテストで総合10番手。2度連続して新人勢の最高位に進出した後、昨年3位表彰台を獲得したロサイル・インターナショナル・サーキットに乗り込み、今年3度目、プレシーズン最後のオフィシャルテストを開始。

1日目に1分55秒台に進出。好発進を切ると、2日目はフロントから転倒を喫したが、フィーリングが良くなり、初日のタイムを更新。最終日には、今回2度目の転倒を喫したが、7度のコースインで40ラップを周回すると、1分56秒台を5回、1分55秒台を3回記録して、1.734秒差の21番手、2日目のタイムで3日間総合21番手だった。

「セッションの序盤に残念ながら、2コーナーでビックなクラッシュを喫してしまった。チームに申し訳ない。これで1台のバイクが使えなくなってしまい、計画の変更を強いられてしまった。その後、30ラップしか走れなかったから、少し難しい1日になってしまった。チームにとっても良い1日にならなかったけど、怪我はなく、痛みもないから僕は大丈夫。レースの週末が本当に楽しみ」と、転倒が影響した最終日を振り返った。

オフィシャルテスト ‐ パーソナルリザルト
1日目: 1分55秒853 (+0.800秒/64周/14番手)
2日目: 1分55秒539 (+0.953秒/61周/13番手)
3日目: 1分55秒763 (+1.734秒/40周/21番手)

オフィシャルテスト ‐ トップタイム
1日目: 1分55秒053 (マーベリック・ビニャーレス)
2日目: 1分54秒586 (アンドレア・イアンノーネ)
3日目: 1分54秒029 (ヨハン・ザルコ)

サーキットレコードラップ: 1分54秒927 (2016年‐ホルヘ・ロレンソ)
サーキットベストラップ: 1分53秒927 (2008年‐ホルヘ・ロレンソ)