Tickets purchase
VideoPass purchase
News
21 days 前
By Repsol Honda Team

46ポイント差のマルケス「アドバンテージを考えない」

史上最年少2番目となる25歳と169日で最高峰クラス100戦目に到達。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、前戦ドイツGPで6年連続の優勝を挙げ、3年連続5度目となる総合1位で前半戦を終了。後半戦の緒戦となる今週末は、13年から優勝、4位、2位、3位、優勝を挙げたブルノ・サーキットに乗り込み、第8戦TTアッセン後に実施したプライベートテストを参考に、3戦連続6勝目を目指す。

「ブルノでテストを実施した。その上、全く異なる2戦で優勝を挙げることができた。最初はグループ内でのバトルに競り勝ち、もう1戦は戦略の勝利だったから、良い感じでブルノを迎える。それに、残り10戦となる後半戦に向けて準備に取り組み、エネルギーを充電するために数日間の休暇を楽しむことができたのは良かった。」

「僕たちのライバルたちは全てのサーキット、全てのコンディションで速いから、それぞれの状況に応じて、ベストな戦略を見つける必要がある。僕たちはチームとHRCのエンジニアたちと一緒に良い仕事をしているから、この調子を続けなければいけない。」

「チャンピオンシップのアドバンテージを考えず、シーズン開幕前と同じように0ポイントからのスタートだと考えよう。日曜の目標は勝利に向けてトライすることだけど、もし、状況が許されなければ、可能な限りのベストリザルトに向けてトライしよう」と、週末に向けた取り組む姿勢を説明した。